概要

概要

組合長あいさつ

 

 組合員の皆様には、日頃より農協事業に関しまして深いご理解とご協力を賜りまして心より御礼申し上げます。

 例年であれば、総代会資料のあいさつ文を通して、過年度の経営状況・今後の経営方針等を組合員の皆様にお知らせしておりました。しかしながら、新型コロナウイルスの感染状況が見通せない中、感染防止に向けた政府の要請を鑑み、総代会開催の是非、また開催の方法等に検討した結果、地区別総代協議会を開催しその席上において、ごあいさつさせて頂くことといたしました。

 ご承知のとおり、総代会は組合の最高議決機関であり、より多くの正組合員の意思を総代会の決議に反映させることが本来でありますが、政府の要請を受け総代の皆様には、総代会議案について、できるだけ書面での決議をお願いしなければならず、今般、地区別総代協議会の開催にあたっては、総代会議案についての十分な説明をさせていただきました。甚だ失礼とは存じますが趣意ご理解いただきたくお願い申し上げます。
 令和元年を振り返りますと、当農協の農畜産物の販売額は15年ぶりに200億円を上回り過去最高の実績を残すことが出来ました。
 東北地方日本海側の豪雪地帯という果樹や園芸作物の産地として決して好条件ばかりでない地域において、全国に誇れる複合産地の形成を目指し農業に取り組んできた組合員の努力の賜物と思っております。
 本年も引き続き人材の育成、農地の集約化、スマート農業の実践など地域農業の発展のため努力してまいります。令和元年度経営実績についてですが、共済や加工で計画を下回ったものの、その他の事業が堅調であったことから、事業総利益は計画対比101%昨年実績対比95%の約36億円を見込んでおります。
 令和2年度計画についても、長く続いている低金利政策の影響を受け、信用事業の収益低下が年々大きくなっていることを踏まえ策定いたしました。さらに今年の場合、新型コロナウイルスが経済に及ぼす影響も懸念されます。
 秋田ふるさと農協の強さはエコらいすや園芸品目の釣りキチ三平印などに代表される高品質な農産物のブランドイメージです。
 営農販売を通じて組合員の皆様の収益を産み出し、その周辺での利便性としての購買・信用・共済の提供、サービスの向上に努めてまいります。

 

秋田ふるさと農業協同組合
代表理事組合長 小田嶋 契

 

経営指針

 

【もうかる農業・最大サービス】
1.我がJAは、相互扶助の理念に基づき、総合業務機能の特性・事業施設機能および人的資源を効果的に発揮し、儲かる農業の実現と組合員および地域の人々に最大限のサービスを提供する事業展開を進めます。

【ふれあい・声】
2.我がJAは、人と人との関わり合いを大切にし、組合員・地域の人々・役職員のふれあい活動の積極的展開によって、連帯意識を高めるとともに、組合員・地域の人々・組織に働く人達の「声」に応える運営を進めます。

【担い手組織要請・女性参画】
3.我がJAは、農業の維持発展の核となる担い手や営農組織の育成に全力を挙げると共に、女性農業者のJA運営参画を積極的に進めます。

【計 画 経 営】
4.我がJAは、目標達成に向けた施設展開の基盤となる強固な経営体を築くため、財務の健全化と経営収支確立に向けた「計画経営」を推し進めます。

【経 営 改 革】
5.我がJAは、既成概念や形式主義を排し、常に組織・事業が効果的に機能するために、課題解決方式の運営と経営改善・改革を積極的に進めます。

【遵 法・透 明】
6.我がJAは、組織の社会的使命・責任の重要性に鑑み、コンプライアンス(法令・諸規則等の遵守)を推進するとともに、情報等の開示により透明性の高い運営を進めます。

【人材育成・職場づくり】
7.我がJAは、常に信頼され、新しい時代を切り開く有能な意欲ある人材育成に努めるとともに、この組織に働く人々に喜びと生き甲斐のある職場づくりを進めます。

 

JA秋田ふるさとの概要


当地域は、秋田県南部の内陸部に広がる横手盆地の中央部に位置し、横手市と美郷町の一部を含む東西約35km、南北約20kmの地域です。
東は奥羽山脈沿いにりんごを中心とする樹園地が連なり、西の出羽丘陵地帯では草資源に恵まれ畜産が振興されています。中央から西部にかけては奥羽山脈系を 水源とする雄物川流域に水田を主体とする肥沃な耕地が展開され、県内随一の複合農業地帯となっています。

気象は典型的な内陸性気候。積雪量は1.0~1.5mと県内有数の豪雪地帯ですが、暖候期は温暖で日照に恵まれ、気温の日較差も大きく農業生産に適しています。

 

組織概要

 

■名称■
秋田ふるさと農業協同組合(あきたふるさとのうぎょうきょうどうくみあい)

■本店所在地■
〒013-0036 秋田県横手市駅前町6番22号
TEL 0182-35-2630(代) FAX 0182-35-2701
URL https://www.akita-furusato.or.jp

■組織の概要■(2020年3月末現在)

組合員数 17,624人
(正組合員) 12,458人
(准組合員) 5,166人
貯金 1039億5704万円
貸付金 337億6777万円
購買品供給高 64億5300万円
販売品販売高 205億854万円
共済保有高(保障) 3749億4277万円


■ロゴマーク■
マークを構成するパーツをそれぞれ「山」 「川」「木」と見立てふるさとの自然を表し、 赤い丸は「人」「暮らし」を表現しています。 全体がふるさとの「ふ」に見えるようにデザインしたものです。

■イメージキャラクター■
平成12年度から、ふるさと産で販売される青果物のイメージキャラクターとして、増田町出身の漫画家矢口高雄氏の作品「釣りキチ三平」を起用し、他産地との差別化を図ります。
(c)矢口高雄 All rights reserved.